プロレスラー中西学の身長体重は?銭湯での筋肉がすごい?マツコ&有吉かりそめ天国

マツコ&有吉かりそめ天国で、都内の熱々銭湯を紹介するコーナーにプロレスラーの中西学さんが登場されましたね!

引用https://aminoapps.com/c/prowrestlinglives/home/

銭湯は昔から熱いお湯にサッと入ってサッと出るのが粋とされていたようで、昔から熱い湯船に長くは浸からない文化があったようです。

私は温泉が好きなので、ぬるめのお湯に長く浸かるのが好きなタイプなのですが、銭湯の場合は昔から共用の浴場として広まってきた文化もあり、早めに切り上げるのが良いということらしいです。

今回は熱々の温度高めの銭湯に、プロレスラーの中西学さんが挑戦していましたが、その体格の良さはやはり、さすがのプロレスラーという感じでした!

有吉・マツコさんのお二人も、「すごい体をしている」と声を漏らしていましたね!

きっと普段からハードなトレーニングをこなされて、あの体格を維持されているのでしょうね。

今回はそんな中西学さんの身長や体重、普段どのようなトレーニングをしているかについて調べてみました!

一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

今回の番組概要

寒い冬だから…熱い風呂に入りたい!

熱い風呂を愛し、熱い風呂に愛される男・中西学

玄人向けのアッツアツ銭湯とタイトルマッチ!

今回は数ある銭湯のなかでも、温度高めの銭湯が選ばれたようですね!

初級編・中級編・上級編と三つの銭湯が紹介されていましたが、上級編の神奈川県丸子温泉の温度はなんと49度!

番頭の方も、普通の皮膚では入れないと言っていましたね。

普通じゃない皮膚ってどんな皮膚なんでしょうか?笑

地元の方は気合を入れつつもお湯に入る様子が放送されていましたが、とてもではありませんが私は入れる気がしません!

中西学さんの身長は体重は?

引用:http://puroresucentral.com/index.html

中西学さんの身長は186cm、体重は120kgだそうです。

ものすごい体格ですね!

身長が高いのでそれだけでもかなり迫力がありそうですが、体重三桁も超えているとなるとかなり横幅もあり、日常生活ではあまり見られないような体つきをされていることが想像できます。

私も休みの日に出かけた時、たまにお相撲さんが歩いているのを見かけるときがあるのですが、実際に見た時の大きさはかなりすごくて、今でも初めて見た時の印象は忘れられません!

山のような体の大きさ、とは聞いたことがありますが、見た時にはまさにその通りだと思いました。

中西学さんも、もし実際に見れた時の迫力はかなりすごいんでしょうね!

一度試合をされている姿を見てみたいです!

スポンサードリンク

中西学さんのトレーニング内容って?

中西学さんのトレーニングは「野人トレーニング」として、以前話題になっていたそうですね。

そんな中西学さんの、朝のトレーニング内容が紹介されていました。

中西の1日は水に始まる。起床後、まず水を飲み、寝ぼけ眼の状態でトレーニングを開始。

近所の寺の階段でストレッチ、うさぎ跳び、アヒル歩きと一通り足腰をいじめぬく。

そして朝食を摂った後に、車で道場に行き、まず向かうのは多摩川の河川敷。約4キロの道のりを3、40分かけてジョギングする。

引用:https://www.ninomiyasports.com/

野人と言うよりかは、かなり地道にしっかりとトレーニングされているみたいですね!

プロとして活動するためには、やはり普段のコツコツとした筋トレが大事なようです。

長く現役を続けるために、体重もあえて120kgをキープされているのだとか。

やろうと思えば、もっと大きくなれるというのもすごいですよね笑

プロとしての意識を感じます!

さいごに

プロレスラーの中西学さんの身長や体重など、体つきについて調べてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク